塾の授業料の比較方法

塾の授業料を比較するときには、1分あたりの単価はどの程度か、という基準で比較するとよいでしょう。
二つの教室を比較するとき、サービスの内容がどちらも同じであるならば、同じ水準の単価になります。
また、授業料を比べる際には、高くなる要因、安くなる要因もあわせて把握しておきましょう。
授業の費用が高くなる要因の一つには、講師の質があります。
経験と実績のある質の良い講師をそろえている教室は、人件費がそれだけ高くなるため、費用が高くなる傾向にあります。
しかし、授業にかかる費用が高いからといって必ずしもよい塾ではないこともあります。
集まる生徒が少ないので費用が高めになっていることもあるからです。
また、1クラスの人数が多ければ多いほど、授業料は安くなる傾向にあります。